悩みはここで解消させましょう!

恋愛と人間関係の問題解決

アダルト・ナイト系 恋愛マスター

■知人・友人・顔見知りの女性と、ひとまず1回だけでも肉体関係になる方法【ギミック】■

投稿日:2017年9月11日 更新日:

あなたが今、この願望をかなえるために
選択している方法は、難しすぎます。

その選択は“恋愛強者”が取る方法。

それをやっていると思います。

わざわざ「一番難しい方法を選択している。」
そういっても良いと思っています。

あなたが狙っている女性は、
知人・友人・顔見知りの女性かと思います。

その女性とひとまず1回だけでも、やりたい!
と思った時に選択している方法。

(正しくは頭の中に浮かぶものといった方が
より現実に近いかもしれません。)

あなたが取っている方法・・・それは・・・

“恋愛感情を高めて、強い好意を持たせてから
肉体関係になる。”

これではないでしょうか?

これは先ほども言いましたが、恋愛強者が
取る方法です。
そしてこれを成功させるのは非常に難しいです。

現実にてらし合わせると、無理だという面が
非常に強いです。

男女関係では、

「自分が好きになった相手と相思相愛になる。」

これは最も難しいものの一つです。

事実、そうやって上手くこれまでに
展開させた事がありますでしょうか?。

もし答えが「無い」ならば、選択肢を変える事を
検討した方が良いです。

これまで上手く行かなかったならば、おそらく
これからも上手く行かないからです。

>>>■知人・友人・顔見知りの女性と、ひとまず1回だけでも肉体関係になる方法【ギミック】■

1回肉体関係 VS 恋愛関係

どっちが簡単でしょうか?

私の答えは、“ブッチギリ”で

1回肉体関係

です。

もうブッチギリです。
比較になりません。

さてではなぜ多くの男性は、頭の中で

「ひとまず1回だけでも肉体関係になりたい。」

って思っているのに、恋愛関係になってから・・・。
という最上級に難しい道を選択するのでしょうか?。

「それしか方法を知らないから。」

他に要領が良い方法を知っていれば、誰だって
そっちを選択します。

では選択しない理由。

そう。

知らないから。

なんです。

なぜ知らないのか?。

そこまで必死に考える環境になかったり、
そういった事を真剣に考える習慣がなかったり
するというのが一つの大きな理由です。

そして。
これがもう一つの方向での理由です。

多くの男性は、そういった場面に立ち会う
事がほとんどないのが現状です。

一部の男性を除いて、新しく出会った女性と
肉体関係になる事が生活上でルーティー化
している人なんていないんです。

(そんな生活しているのは、一般的に言えば
変わってる人。変人と言われる人になります。)

その根拠は?。

その根拠は男性の平均経験人数です。

男性は11.1人。
参照:相模ゴム工業株式会社。

http://sagami-gomu.co.jp/

という事は肉体関係になるか・ならないか。

この場面に立ち会った経験が一生の中で十数回。

これが多くの男性達の実情だと考えて良いと
思うんです。

実際に普通に分類される、まじめに会社員として
働いている男性と話をする機会があれば
聞いてみると良いと思います。

おおよそ、その範疇に入ります。

すると、そういった欲望を抱えた時に出る行動は
やっぱり頭の中にあるイメージ

“肉体関係=恋愛関係”

に結び付けて考えてしまうと思うんです。

というかこれしか頭の中にないと思います。
それが普通です。

男女にはそれ以外の関係の進展方法がある

という事は今までに聞いた事もなければ、
その方法について具体的に考えた事もない
と思います。

ですからその状態で頭の中に浮かぶ事は
今まで自分が知っている方法だけです。

しかし残念ながらこれは上手く行きません。

難しすぎるんです。

特にこれまでに女性とのコミュニケーション
を大量に積み重ねてこなかった男性に
とっては・・・。

恋愛感情を持たない女性達。

飲み会・合コンなどにこれまで大量に参加して
きました。そこで会った女性達とお話を
して人間同士として仲良くなって、お話する機会も
大量に持ってきました。

(恋愛感情を入れないフラットな関係として。)

その中で何回も聞いてきた言葉があります。

その内容が・・・。

「飲み会にいって、恋愛感情を持った男性
ってどれぐらいいる?」

>>>■知人・友人・顔見知りの女性と、ひとまず1回だけでも肉体関係になる方法【ギミック】■

と私が話を女性に振ってみるのです。

どれぐらいの割合でいると思いますか?

1回の飲み会で1人ぐらい?。

とりあえず私がこれまで聞いてきた中で
一番多い意見は・・・。

「ほとんどない。」

ちょっと絶望的に感じますよね。

私達男性は女性が性的な興味を男性に持って
くれる事を少なからず期待して、
合コン・飲み会に参加しているのです。

しかし・・・現実としては。。。

女性は男性と出会っても恋愛感情を感じる
出会いというのは、ほとんどないわけです。

「今年1回も無かったよ。」

「飲み会で付き合った事とか無いかも。」

「数か月前に、少しだけ気になる人が
いたけど、今は連絡取ってない。」

なども良く聞く展開です。

頻繁に気に入った男性と知り合える。

という女性はほぼほぼいないと思っても
良いぐらいです。

「・・・ん?じゃー無理って事?。」

いえいえ。

これからも女性に興味を持ってもらって
恋愛感情を持ってもらえる男性になる
活動は継続してください。

それと、別に。

普通の男性が、恋愛感情がない女性と
ひとまず1回だけでも肉体関係になる方法。

これを身に着ければ良いなって考えています。

「ちょっ・・・。
話がおかしいですよね。

女性は恋愛感情をほとんどの
男性相手に持たない
って言いましたよね。」

はい。
確かにそうです。
言いました。

「じゃー話、破綻しているじゃないですか?。」

そこに大きな落とし穴があると思って
いるんですね。

恋愛関係になるのと、肉体関係は別!

恋愛の延長で肉体関係があるわけではないんです。

もちろんそうなるのが理想的です。
でも毎回そうである必要はない。

ここを思い違いすると、考え方の方向性が
恋愛感情を持たせて・・・。

という方向性になってしまいます。

ここを別に考える。

では先ほど話を聞いた女性達に
話のテーマを変えて話を聞いてみます。

もし

“肉体関係=恋愛関係”

であるならば。

付き合った人数=肉体関係になった人数

になりますよね。

では実際にはどうか。

全然そんな事になってません(笑)。

話は仲良くなった女性に聞いています。

だからそれなりに正直にお話してくれて
いると思っています。

で全然その数が違うんですね。
全然違うんです。

付き合った人数<<<<<<<肉体関係になった人数

これが現実です。

むしろ・・・。

付き合った人数=肉体関係になった人数

っていう女性の方がレアキャラ。

※もちろん私と気軽に性の話が出来る
属性の女性達なので、異性関係に奥手な女性達
ではないという前提もあります。

いわゆる性に奔放という女性にも話を
聞いたりもしました。

そういった女性達1人2人とかじゃなくて、
何十人という単位で話を聞きます。

すると面白いです。

性に奔放というだけあって、何十人も
経験がある女性であったり、場合によっては
三桁の経験がある女性もいたりします。

では。

その女性達は、その男性達と付き合った
のでしょうか?三桁も?

そんなわけないですね。

そんな性に奔放な女性に、

「じゃー付き合いたいなって思える
男性って何人ぐらいいたの?。」

というと・・・。

「う~ん、5・6人ぐらいかな。」

とか

「8・9人ぐらい。」

とまあ、答え方としても
数字に幅があるんですよね。

この幅がまた意味深ですが。

>>>■知人・友人・顔見知りの女性と、ひとまず1回だけでも肉体関係になる方法【ギミック】■

付き合ってないけど、肉体関係になった。
というケースは多い。

めちゃくちゃ多い。

・・・いや多いとか言うレベルじゃなくて。

付き合った人数が肉体関係になった男性
との比率からみてあまりに少な過ぎる・・・。

さらに言うと。

性に奔放な女性以外の女性達は、正しい
人数を申告しているか?

となると、そんな事はありえなく。

その数も絶対にごまかしている(笑)。

絶対的に少なく言っています。
それでこれです。

実際には人に言わないだけで、そういった
肉体関係だけのケースというのは
もっと多いと思っています。

ではこうやって聞いてみます。

「飲み会にいって、恋愛感情を持った男性
ってどれぐらいいる?」

「ほとんどない。」

これは先ほどお話しました。

で、少し考え方を変えて聞いてみます。

「この飲み会のメンバーの中で、
エッチできる人とできない人に分けて。」

って聞きます。

そうすると・・・。

ほとんどできない。

って言われそうですよね?。

・・・

がしかし。
答えは全然違って。

エッチできる。

に区分けされる男性の方が多い。

すると考え方をこのように変える事ができます。

“恋愛関係を狙わない方が上手くいく可能性が高い。”

>>>■知人・友人・顔見知りの女性と、ひとまず1回だけでも肉体関係になる方法【ギミック】■

-アダルト・ナイト系, 恋愛マスター
-, , , , , , ,

Copyright© 恋愛と人間関係の問題解決 , 2018 All Rights Reserved.